各認証基準について

Organic Content Standard(OCS)

 

Organic Content Standard(OCS)は、オーガニック栽培された内容物を実証し、

その供給源から最終製品までを追跡します。

OCS認証製品は、農場から完成品までのサプライチェーンの各段階において

独立して検証されたオーガニック栽培の成分を含みます。

認証基準について、詳しくはこちら(TE公式ページ)

 

 

 

 

Recycled Claim Standard(RCS)

 

Recycled Claim Standard(RCS)は、リサイクル成分の検証、その原材料から最終製品までを追跡します。

RCS認証製品は、リサイクル業者から完成品までに、サプライチェーンの各段階で独立して検証されたリサイクル成分を含みます。

認証基準について、詳しくはこちら(TE公式ページ)

 

 

 

 

Global Recycled Standard(GRS)

 

Global Recycled Standard(GRS)は、リサイクル成分を検証し、その原材料から最終製品までを追跡します。

GRS認証製品は、リサイクル業者から完成品までに、サプライチェーンの各段階でおいて検証されたリサイクル成分を含み、社会的、環境的、化学物質の要件を満たしています。

認証基準について、詳しくはこちら(TE公式ページ)

 

 

 

 

Responsible Down Standard(RDS)

 

Responsible Down Standard(RDS)は、ダウンを動物福祉の要件に対して認証し、その供給源から最終製品までを追跡します。

RDSでは、ダウンおよびフェザーのサプライチェーンのダック農場およびグース農場で動物福祉の慣行を実施する必要があります。

認証基準について、詳しくはこちら(TE公式ページ)

 

 

 

 

Responsible Wool Standard(RWS)

 

Responsible Wool Standard(RWS)は、 ウールの動物福祉および土地管理の要件を検証し、その供給源から最終製品までを追跡します。

RWS認証製品は、動物福祉および土地管理の要件に対して認定された農場からのウールを含みます。

認証基準について、詳しくはこちら(TE公式ページ)